口の歪みを治す方法

口の歪みでお悩みではありませんか?
誰しも顔は左右対称ではありませんが、明らかに口が歪んで見えてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

また、普段はあまり気にならないが、写真で自分の顔をみると左右の口角の上がり方が違うという場合もあるでしょう。
そんなお金をかけずに自分で口の歪み治す方法としては、まず顎の下に手のひらを押し当てます。

 

 

次に押し当てた手に対して、逆らうように口をゆっくり大きく開けていきます。
そして、口が開ききったら、その手を45度後方に、顎がカクッとなるように押し戻します。これを3回くらいを目安にやると良いでしょう。

 

 

更に、顎の形を整えて、口元をすっきりさせるにはビール瓶などにタオルを巻いて、これを枕にして首の後ろに当て数分間寝るようにします。
これで首の歪みがとれ、口元が綺麗にすることが出来るでしょう。

 

 

いずれにしても、ちょっとしたバランスで顔から受ける印象はずいぶん変わってしまいます。
しかし2cmも3cmも歪んでいるということではなく、殆どの場合が数ミリの差なので、やり方次第では自分で口の歪みを治して小顔になることも十分に可能でしょう。

 

 

なお、口の歪みを治すと同時に、鼻もすっきりさせると美人に見えます。
と言うのも、鼻の幅は目の横幅と同じか、狭い方が綺麗に見え、あぐらをかいたような幅広タイプは顔を大きく見せてしまうからです。

 

 

顔の大きさ、輪郭、鼻の高さま自由に矯正できる最先端の小顔になる方法

 

瞬間!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法の詳細を見てみる