顔が大きくなる原因は骨の歪み

顔が大きくしている最大の原因をご存じですか?
実は殆どの人の顔は歪んでおり、これが顔を大きくしている一番の原因なんです。
とは言え頭蓋骨が少し歪んでいても、これといって痛むとか、腫れあがるといったことがないので気づくことがありませんよね。

 

 

その為、そのまま放ってしまい顔がいつの間にか大きくなってしまうのです。
そもそも人間の顔は頭蓋骨があり、筋肉がその上についており、更に皮膚があります。また、体と同じように筋肉と皮膚の間には脂肪があります。

 

 

そして、大きい顔と小さい顔の差を作るのが、筋肉と脂肪のつき方なんです。
考えてみれば分かると思いますが、体でもぜい肉がついたり必要以上に筋肉が発達すれば太って見えると同じで、顔も大きく見えてしまうのです。

 

 

ですが多くの人は、生まれつき骨格が大きいから顔も大きくなってしまっていると思いがちですが、実際には、骨格はそれほど顔の大きさには影響をしていないのです。
では、どうしてぜい肉や筋肉が必要以上に顔についてしまうのかは、骨の歪みが最も大きな原因として考えられるのです。

 

 

例えば、固いものを食べて顎の関節が少しズレたとしたら、その部分の骨に負担がかかります。その状態が長く続けば、骨の上についている筋肉が緊張して発達してくるようになるんですね。
良く顔のエラが張っていると言いますが、まさにこの状態のことです。

 

 

また、ほおの出っ張りもこれと同じで、ほお骨が歪んでしまうことで起こるのです。
その他にも、骨が歪むと顔の血管や神経を圧迫するので、それによって新陳代謝も悪くなったりすることで、顔がむくんできたり、ぜい肉がついたりするのです。

 

 

したがって、顔が大きいことで悩んでいる方は、原因である骨の歪みを矯正して治せば、本来の顔に戻り、顔がほっそりしてスッキリしてくるでしょう。
そして、顔が大きくなる1番の原因である顔の骨の歪みをとることが出来るのが、最先端の小顔になるためのセルフメソッドを活用する輪郭小顔矯正法です。

 

 

お金をかけることなく短期間で安全に、顔の悩みを解消する方法

 

瞬間!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法の詳細を見てみる