頭蓋骨と表情筋が顔の形を決めている!?

人間の顔の形は、頭蓋骨によってある程度決まっていると言われていますね。
その為、顔が大きく見える人は骨格だから仕方ないと半ば諦めてしまっている人も多いでしょう。

 

 

ですが、顔が大きいといわれる人と顔が小さいと言われる人の頭蓋骨の大きさを比較してみると、それほど差がないことが殆どです。
では、何故、顔が大きく見えてしまうのでしょうか?

 

 

それは、頭蓋骨の仕組みに関係いているんですね。
そもそも頭蓋骨というのは、多くの小さい骨が寄り集まって形成されており、この骨の数は全部で15種23個あり、骨と骨のつなぎ目は、ギザギザになってズレないようになっています。

 

 

しかし、いくら骨同士のつなぎ目がズレないように合わさっているとはいえ、長い間に渡って食べ物の噛み方や姿勢などの悪い習慣を続けたり、病気や怪我などの何らかの衝撃を受けたりすると、つなぎ目がズレて歪んでくるようになるのです。

 

 

そして、この頭蓋骨の歪みが「顔が大きい」「エラが張っている」といった顔の形に大きく影響してくるのです。
また、骨が歪むとその上にある表情筋のつき方も変わってきます。
表情筋と言うのは、体と同じよう顔にも筋肉が全部で20種類以上あり、これが収縮することで、悲しんだり怒ったりとといった表情が作られます。

 

 

表情筋は頭蓋骨の上にくっついているので、頭蓋骨に歪みがなければ、この筋肉も正常について、頬骨が出っ張ったり、エラなどが張ったり、顔の左右がアンバランスになったりすることはないのです。
ですが、頭蓋骨ズレて歪んでくれば、そこにくっついている表情筋が緊張して硬くなって、必要以上に発達してしまうのです。

 

 

実際に、頬骨の出っ張りやエラが張って顔の大きさを気にしている人は、多くの場合に骨がズレてて歪んでいます。
その上、顔面神経が表情筋をコントロールしており、頭蓋骨が歪むと顔面神経が圧迫されことから、自然な表情が保てなくなったり、顔の輪郭も歪んでくるようになってしまうのです。

 

 

それに加え、新陳代謝や血行も悪くなり、顔がむくんだり、余分な贅肉がついて顔が全体的に大きくなってしまいます。
ですが、歪んだ頭蓋骨や表情筋を正常の状態に戻せば、自然と鼻筋の通った小顔にすることが出来るのです。その最も効果的な方法が輪郭小顔矯正法です。
骨の歪みを整えることで顔面神経の働きや筋肉のつき方、血液やリンパの流れも良くなり、表情筋も滑らかに動くようになってきます。

 

 

その結果、新陳代謝も活発になり、老廃物も溜まらなくなり、むくみや顔が大きいといった顔の様々な悩みも、おのずと解消されてくるのです。

 

 

顔の大きさ、輪郭、鼻の高さま自由に矯正できる最先端の小顔になる方法

 

瞬間!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法の詳細を見てみる