むくみ・顔が大きいタイプの原因

あなたは前夜に水分を摂ると翌日に顔がむくんでいることが多いとか、身体に比べて顔が太りやすく、痩せにくいということはありませんか?
このような顔がむくんでいたり大きいタイプの人は、骨が歪んでいることで新陳代謝やリンパ、血液循環が悪くなっています。

 

 

その為、前の夜に水分を多く摂ったりすると、翌朝に顔がむくんでパンパンにはれてしまうということになるのです。
また、膀胱炎やトイレに行く回数が少ないという人も同様ですが、この場合は、顔の骨が歪んでいるのはもちろん、背骨や骨盤も歪んでしまっていることが原因です。

 

 

そもそも背骨や骨盤が歪んでしまうと、腎臓の働きも低下して、それによって身体の水分代謝が衰えてしまって顔がむくん、顔が大きくなってしまうのです。
更に、胃腸虚弱や下半身が冷えやすいと言う人も背骨や骨盤の歪みが影響しています。

 

 

したがって、新陳代謝やリンパ、血行が悪い人は、何もしないで放っておくと、むくみが持続的になって、気づかないうちにいつの間にか顔が大きくなってしまうことになりかねません。

 

 

ですが、歪んだ骨を正常な状態に戻せば、新陳代謝やリンパ、血液循環もよくなり、むくみや顔が大きいのも徐々に解消されていくでしょう。

 

 

顔の大きさ、輪郭、鼻の高さま自由に矯正できる最先端の小顔になる方法

女性なら顔のむくみが解消し化粧ののりも良くなります。

 

瞬間!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法の詳細を見てみる