下膨れ・エラ張りタイプの原因と解消

下膨れやエラ張りでお悩みではではありませんか?
小顔に憧れていても、筋肉がゆるみ、たるんでいる下膨れや、反対に筋肉が緊張してエラが張っていると、顔が大きく見えたりするものです。

 

 

特にエラが大きく張っていると、遠めから撮った写真などは、周りの人より顔が大きく写ってしまい、コンプレックスに感じている人も多いでしょう。
特に女性なら、尚のこと顔のたるみなどを取って、シュツとし小顔になりたいものですよね。

 

 

そもそも筋肉の緊張やたるみ、ゆるみは、日常生活のちょっとしたことで起こり、下膨れやエラが張ってしまうようになる場合が殆どです。

 

 

例えば、堅い食べ物が好きで、スルメやジャーキーなどを良く食べるとか、寝ている時に歯ぎしりをしたりと、歯をギュッと噛む癖などがあるだけでも、積み重なれば筋肉の緊張をさせてエラが張ってしまいます。

 

 

また、大物政治家などでを思い浮かべてみれば分かりやすと思いますが、いつも口をへの字にしていると口の周りの筋肉が緩んで、たるんで下膨れになったりすることもあります。

 

 

どちらにしても、下膨れやエラ張りは食べ物を噛んだり、顎を開けたり閉じたりして歯をかみ合わせる咬筋(こうきん)といいわれる筋肉の働きがおかしくなっているからです。
これは顎の関節に歪みが起きていることが原因なので、下膨れやエラ張りを解消するには、小顔マッサージやグッズなどでは効果があまり期待出来ないので、何をおいても顎の骨を正常に矯正することでしょう。

 

 

顔の大きさ、輪郭、鼻の高さまで自由に矯正できる最先端の小顔になる方法

 

瞬間!鼻が高くなる輪郭小顔矯正法の詳細を見てみる